株式会社 カトウ

衣料用から資材まで幅広い繊維のアウトレット生地《BC反》を格安にて販売|株式会社 カトウ

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  水着の正しいサイズの測り方

水着の正しいサイズの測り方

海やプールで楽しむ時に欠かせないのが水着。洋服と違って水着はある程度伸縮性がありますが、サイズは適当ではなくきちんと測ることが大切です。体にフィットした水着で、海やプールを思い切り楽しみませんか?

サイズが合わないとどうなる?

サイズが合わないとどうなる?

体と水着のサイズが合っていないと、様々な悪影響があります。

サイズが大きいと、水に入った時に体にまとわり付いて動きにくかったり、生地同士がこすれて摩擦が増えてしまったりします。

一方で、サイズが小さいと、体への圧迫感が強くて動きにくかったり、生地がすぐに伸びてしまう原因になります。

サイズを正しく測るには

体型は変化するものですから、なるべく水着を新調するごとにサイズは測るようにしましょう。測定の際は、リラックスした状態でなるべく鏡を見ながら水平を意識して測るようにすると、より正確に測れます。

トップバスト

バストの最も膨らんでいる部分に、メジャーがフィットするようにして周囲を測ります。この時、メジャーが床と平行になっているか鏡を見て確認すると誤差が少なくなります。

アンダーバスト

胸のふくらみが終わる部分に合わせて周囲を測ります。正確に測るためには、肩の力を抜いてリラックスすることが重要です。

ウエスト

ウエストとは肋骨の下あたり、胴回りで最も細い部分の周囲を指します。背筋をまっすぐに伸ばして、息を吐いた状態で測るとより正確になります。

ヒップ

骨盤の下あたり、ヒップが最もふくらんでいる部分に合わせて周囲を測ります。測る際にはメジャーをきつく締めずに水平に、ふくらみをつぶさないように気をつけましょう。

通販安い水着の生地をお求めなら、当社の通販をぜひご利用ください。当社では、水着やレオタード用の生地を中心に様々な生地の通販を行っております。光沢感のある生地や綺麗な柄がプリントされた生地、スパンコールが貼り付けられた華やかな生地などバリエーション豊富に取り揃えておりますのでぜひご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ 0776-53-0566 0776-53-7696